2007年09月28日

悪循環 (誰にも言えない内緒の話?)

前回の『謙虚と対等』では、文章が“くどい”とのご指摘を頂きました。
ちょっと説教じみてたかなとすこーしだけ反省。
ま、こっちは書くのに精一杯なので、
このようなご指摘は非常にありがたく感じております。
これからも、宜しくお願いいたします。

さて、本日の御題は・・・

ショッカー.jpg  なつかしイー! 
♪せまぁるぅ〜しょっかぁ〜♪♪地獄のぐぅんだぁぅん〜♪(子門 真人)

悪循環 (誰にも言えない内緒の話?)

私どもも、公共工事の2次3次下請けでお仕事を頂いておりますが、
最近公共の組織に対して厳しすぎる人たちが多いように感じます。
(もちろん言語道断な事件も多数ありますが・・)
マスコミは不祥事の表面しか報道しませんし、それにあおられたクレーマーに近い人々が、
そのはけ口を公共事業の批判に向けているのではないかとも思います。
その為、我々のたずさわる現場のレベルでは近年、クレーマーに対策に
過剰に神経質になって来ているように感じます。
特に現場調査などで現場に出向く時には、素性がばれないように、
社名のない作業服やヘルメットを指示されることがあります。全員ノーブランド作業員に変身です。
お互いも誰なんだかわかりませんし、どう考えても不自然で、余計に怪しいです。
なんか悪者の下っ端・・ショッカーの怪人の気分です。イー!

もともと公共設備はその性質上、個人が責任を負うことは出来ません。
ですから誰がいつ見てもその経緯がわかるシステムが必要です。
その為、計画〜選定〜性能確認まで、その採用根拠となるエビデンス明確にを残す必用があります。
その分民間レヴェルの仕事より煩雑な書類作成が多くなるのはやむえないことです。
物によっては、実設計書類より、エビデンスの為の書類が多くなることもあります。
しかし、無駄にも思えるこれらの作業も事業の性格上やむ得ないとも思えます。
みんなから預かった貴重な税金で物を作るのは、責任の思い大変な仕事だからです。

しかし、公共事業を何でも悪と決め付ける過剰な批判が過剰なエビデンスを要求することになり、
その為に余分な経費(税金)がかかる。
この現場のレベルでの悪循環を、クレーマーは理解しているとは思えません。

それと・・・最後にひと言・・・
現場レベルで働いているのは我々のような2次3次下請け中小企業の社員が半数です。
ですから現場に抗議に来て頂いてもあまり効果はないと思いますデス・・・・・・はい。
posted by DEN100Z at 17:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

謙虚であること。但し、人としては対等であること。

社員昭和初期.jpg 大正〜昭和初期
数年前に会長から預かった写真で、この会社の設立にかかわった人々だと思われます。
敬意を払わずにはおれません。

3連休明けの火曜日です。
ここのところ3連休続きで身体が3連休に対応してしまっています。
ところが、これが期末のラッシュ時期になると土日無しににも対応できてしまう。
人間の身体ってほんと不思議です。

さて、今日のお題は・・・
[謙虚であること。但し、人としては対等であること。]

お客様の名前を影で呼び捨てにする人は嫌いです。
協力業者様を呼び捨てにする人はもっと嫌いです。
それが社内でも雑談であっても・・
お客様や、協力業者様に敬意をはらえない人はこの会社にいてほしくはありません。
たとえどれだけ仲良くなったとしても、謙虚さをなくしてはいけません。
言葉は態度に表れます。言葉=言霊(ことだま)といって、言葉には霊が宿ります。
どこかで必ず態度ににじみ出てしまうものです。

しかし、謙虚な姿勢だけではいい仕事は出来ません。
我々の仕事は、物を作るプロセスの中にあります。
これは、機器の販売でも、システム販売でも同じことです。
自分の知恵と経験で、常により良いものやそのシステムを提供せねばなりません。
その為には、お客様も業者も人として対等でなければいけません。
そしてお互いの意見をぶつけ合ってよりよいものに仕上げていくのです。

「人間は、対等・平等。だからこそ敬語が必要になる」と教わったことがあります。
人間は対等であり、平等ですが、年齢差・立場・先輩後輩関係を無視することはできません。
だから、意思表示するとき、対等に話すために敬語が必要になるのです。

相手に敬意をはらい謙虚であること。但し、人としては対等であること。
この姿勢が連帯感を生み、よい結果を導き、さらにはお客様の信頼にもつながるはずです。

これは仕事を進める上で大事なことだと思うのです。
posted by DEN100Z at 09:58| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

オリコン(1490円)  Original Confidence(絶対的な信頼)

最近一般の方からもコメントが頂けるようになり、うれしいです。
それと、ブログの更新をサボってもさほど人気ランキングが下がらないこともわかりました。
(本日、企業ブログランキング13位です)

koudakumi.jpg オリコンシングルチャート2位

最近梱包材を削減する目的で、通い箱を導入しました。
いわゆるオリコン(折りたたみコンテナの略ですよ)というやつです。
業務のWさんが、数ヶ月、吟味に吟味を重ねてやっと購入しました。

主に制御盤製作を御願いしている協力工場との輸送に使用しております。
これまでですとダンボールに詰めて、10箱程度を月に数回送っておりました。

オリコンはさほど丈夫ではありませんが、10回使えば元はとれます
11回目からは儲けということになります。
Wさんの努力を無駄にしないように出来るだけ丁寧に取り扱って長く使用したいですね。

この梱包と輸送作業に携わる人が、この意識を共有できているかどうかがカギです。
このコンテナにはWさんの努力も入っていることをお忘れなく。

壊したら・・・ああコワ!
目標100回輸送(2〜3年)で残存率90%としましょう。
具体的数値を目標にして、物を大事にする意識を皆で共有しましょう。
posted by DEN100Z at 14:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

夢ありますか?

皆様ご無沙汰しておりました。
久し振りのブログ更新です。なんとお盆休み以降初の書き込みです。
実は・・・ちょこっと夏休みを頂いて、南フランスでバカンスを楽しんでおりました。

・・・・・・・・・・・・ウソです。

Nara_dreamland_castle.jpg関西人なら知っている・・・

さて、本日のお話は「夢」です。

弊社のNさんは仕事のデジャヴを見ることがあるそうです。
先日もお客さんと打ち合わせ中に、「あ、この仕事夢で見た」などと
のたまわれてました。ま、夢で一回体験しているわけですから、
すいすいと仕事が進むわけです。さすがです!。(と、しか言いようがない・・)
でも、本人に言わすと、夢でも仕事をしているのに、現実でもまた仕事かよ!
と、いう感じのようですが・・(夢の仕事では給料出ませんからね。)

私の場合は・・・
Q:「牧村さんの夢は何ですか?」
Q:「会社を大きくして、上場企業にすることですか?」
と聞かれることがあります。(金融機関の人に多いような・・・)

んん。。ないんですよね。
会社を存続させることが私の義務だとは思いますが、
(社員の皆さんを路頭に迷わすことは出来ませんからね。)
上場ねぇ・・・したいとは思いませんね。
大きくするより、堅いほうがいいですよね。(日本男子ですから???)

「夢のないやっちゃ」と、言われるかもしれませんが、これがほんとに無い。
現実主義とでも言いましょうか・・・
自分としては、
夢のような話してもしょうがないし・・
ノルマみたいな夢は、持ちたくないし・・
あえて言うなら、現実可能な範囲での努力目標が夢なんでしょうか?
いやいや、目標が夢だったら目標にはなりません。

夢のような話だったら・・・

空から自分の上だけにお金が降ってくるとか・・・
(皆に降ってきたら貨幣価値が下がってデフレがおきかねませんからね。)
(直撃はこまります。怪我したら困りますから。)
(束がいいですね、拾い易いですからね。)
(誰も見ていないところがいいですね。かっこ悪いから。)

ある日突然カローラマニアが現れて、私の18万キロ走行したカローラを
フェラーリと交換してくれと頼まれたり・・・
(突然フェラーリに乗ってたら、きっと悪い事でもしたかと噂さが飛ぶでしょうね)
(コストコで買物しても荷物が載りませんよね。)
(税金と維持費考えたら・・・おおこわ・・・ま、売り飛ばせばいいか!)

んん。。やっぱり夢が無い。
posted by DEN100Z at 21:01| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。