2008年02月22日

会社って何するところ?

昨日は、とある会の呑み会に参加していました。
ここで、今年就職が内定した人へひと言ということになりまして・・・
人生は短い.gif 人生は短い・・

会社って何するところ?

この会社の就業時間は、1年365日(8760h)の内の1844.5h わずか21%です。
事業主が過労死で訴えられる基準が80h/月(960h/年)を超える残業ですから、
死ぬほど働いても1844.5h+960h=2804.5h 32%(1/3以下)です。
しかも、6?歳で定年してしまいます。
1日の1/3(8h)寝たとしても、おきて生活活動している時間の半分以下なわけです。

この会社に骨を埋めるつもりで頑張りますっ!
社長に一生ついていきますっ!

昭和の匂いのするするこんな言葉・・・ありましたね。今や時代錯誤?・・
会社は墓地やないし、私はストーキングされるのも嫌いです。
たとえついていっても、たいしたことないと思います。(きっぱり)
かなり高い確率で、新入社員さんよりは私の方が先に死んでしまいますしね。

かといって、会社(仕事)の必要性は、生活のための収入だけではダメだと思うのです。
仕事の中では、辛いこと、いやなことを避けて通ることは出来ません。
そんな時に、何が自分を支えてくれるのか?お金のためだけでは辛すぎます。
私が思うには、
自分の成長の手段として仕事(会社)があるべきだと
自分を高められる、自分が次のステージに行ける。
その手段の一つとして仕事(会社)がある。

と思ってほしい。
このモチベーションで仕事のできる人はドンドン能力を伸ばしていきます。

一番大事にしてほしいのは、自分の人生。ライフだと思うのです。
ライフを充実させるためには成長が必用。
成長の手段として会社(仕事)がある。

と言うのが理想ではないでしょうか。
ここに重きをおかず、仕事(会社)だけの人生は寂しいものなってしまいます。

新卒のみなさん。頑張ってくださいね。私もがんばらねば。
posted by DEN100Z at 21:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

24時間働く?

止まるな.jpg  日々前進・・ でも安全運転で!


24時間働く?


とあるドリンク剤のコマーシャルに
「♪24時間戦えますか♪・・・〜ジャパニーズビジネスマ〜ン♪」
とうのがあります。

24時間戦わんでもええですが、感じること、考えること、をやめたらいかんと思います。
電車の中、風呂の中、布団の中でも
日々の生活の中に、仕事のヒントになる事はたくさんあります。
これらに気が付くか付かないか?ここに人間としての感性の差、能力の差ができると思います

前の記事でも書きましたが、ちょっとした気遣い、それに気がつく感性・・・
特に営業職の場合は物事に対する感性が、能力の差に大きく影響します。

昨日、今日と、三菱・オムロン・富士が共催する展示会「トライアングルフェア」が行なわれています。
こういうときこそ感性のアンテナを最大に伸ばして見てください。

展示会で、何を感じましたか?何に気づきがありましたか?

短いけど、おわり。
posted by DEN100Z at 08:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

はったり

先週、Kさんと話の中で、営業の“ウソ”と、“はったり”の話題に、ニンニン・・

HATTORI.jpg  はったり半蔵只今参上!

私達の世代ででは、きぐるみ実写版(白黒)です。なんせ、怖かったのよ・・・
こんなんが、家にいたら・・・どう考えても怖い。しかも土足で・・・(A型の奥さん怒りまっせ)


はったりが基本?


ウソと、はったりの差はどこにあるのか?

私の見解ですが、“はったり”とは。

※自分の能力の限界にちかいところ・・・
※そこに至るストーリーはあるが、確信が持てないところ・・・


それ以上のものは、ウソになるでしょう。(牧村的考えですが・・)

私たちの仕事の多くは、
この難易度、この人材、この納期、この金額、で利益が上がるか?の自問自答です。
正直言って、そんなモンやってみなわかりません。
ですから、見積や打合せの中でも、はったりの部分も多少なければ仕事が前に進みません。

でも・・・
SEとは妥当性について、
設計とは技術難易度を、
機器担当と部品の選定やコストを相談し、
実行部隊との意識の共有を図り・・・
不明点(リスク)を一つずつ明らかにして、
仕事のストーリーを立て、確度の高いものに仕上げていきます。

私の空手の師匠の言葉ですが、
「自分に課題を与え、それをこえることができれは次のステージが見えてくる。そこに成長がある。」
成長のためにははったりは大事なことだと思います。

ま、この商売、はったりが基本なのかも知れませんね。
営業職は、「ダメとかイヤとか」マイナス言葉は発さず、優雅にはったりをかますことも必要です。
「優雅に」ってのがポイントですかね、汗カキカキでは、はったりにもならしまへん。

でも、仕事でウソは厳禁!ウソをついたら最後にはきっちり自分に帰ってきます。
posted by DEN100Z at 08:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

集中力のつづき

今日も集中力トレーニングしましょう。
文字列の中で「F」はいくつあるでしょうか? ディスプレイ上を目で追うだけで数えてください。

集中力1.gif


朝、立っている人、立っていない人  (集中力のつづき)


集中して能率よく仕事を進めるには、その日の自分の工程を把握していなければなりません。
課題に対し、いつまでに何をする。という目標が自分の中にイメージとしてなければ仕事に集中できません。

そのためには、長期・短期にかかわらず予定をたてる必要があります。
※短期的なものなら、「よし、今から何時までにこの見積書を作成するぞ」とか、
※中期的なものなら、「今週中にこのシステム提案書をまとめる」とか、
※長期的なものなら、「今年中にはこの資格をとるぞ」とか
自分の課題に対して、具体的な目標を立てます。

達成のコツは、その成功(達成)をイメージし、それを現実に近づける努力をすること
予定通り進めば達成感が得られ、次のステージへのモチベーションになります。
予定通り進まなければ、そこに新たな課題が生まれ、次へのテーマアップが出来ます。

F1ドライバーがスタート前に目を閉じてコースのライン取りをイメージしたり、
陸上選手が競技前に自分の成功のイメージを思い描きながら瞑想している姿を見ますよね。
これと同じです。

予定もなく、終わりも見えない仕事には、達成感もありませんし、疲労だけが残ります。
そこには成長も期待できません。
特にJOBが重なった時などに、これが出来なければ、仕事に優先順位をつけることもできず、
何から手をつけてよいかわからなくなり、思考停止状態になってしまうことになります。

集中して効率よく仕事をするためには・・・
まず、朝、出社した時にその日の自分の行動がイメージできるかどうかが大事です。
ここで予定が立っている人と、たっていない人では、能力に大きな差が生まれてしまいます。

本日、オチ無し!!!  んん・・なにか?・・・
posted by DEN100Z at 20:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。