2007年11月08日

内部告発による不祥事事件

今日は、鈴鹿工場のお二人と、Eさんと丸一日試運転?実験?調査?してました。
その中で、伊勢(三重県)名物のあれが食べれないのは残念ですね・・・という話題に・・

akahuku_akatarou.gifえじゃないか・えじゃないか・えじゃないか♪〜

内部告発による不祥事事件

前回にかきました格差社会についてですが、
昨今の企業の不祥事事件もこの仕組みの何かが作用しているように思えてなりません。
私の分析によると下記の二つのケースがあると感じています。

ケース1:社内社会主義の崩壊による隠蔽体質の露見(モラルアップ要因)
ケース2:成果主義編重による社員・企業モラルの低下(モラル低下要因)

この二つはまったく性格が違うのですが、同じ時期に同じような事件として起こるのが不思議です。
でも、二つに共通するのは内部告発だということです。
内部告発を美化するつもりはありません。
いつもながらのマスコミの偏った上っ面だけの報道にも違和感を感じています。

しかし、内部告発者は何のために告発したのか?
なぜ不祥事は起きたのか?
そこに疑問を感じますし、それを知りたい。(マスコミはそこを報道しない・・ほんまあかんねぇ)

利益の追求のためだけに・・・というばかりの上っ面報道がされてますが、
そんなの当たり前じゃありませんか。企業は営利を求めなくてどうする?
利益がなくては存続すら出来ません。社員の生活が守れません。

でも、儲けりゃいいってことではありません。
大事にしなければならないのは、仕事に対するプライドではないでしょうか?
仕事に社会的必然性があるか?=誰かの役に立っているか?モラルはあるか?
プライドがなければ仕事のモチベーションは続きません。
仕事に必然性がなければ仕事自体がなくなります。
仕事が何らかの形で社会に貢献している実感がなければやってられませんよね。

「私は、会社の歯車だ」と自分を卑下して言う人がいますが、ええじゃないですか。
逆に言わせてもらうと、自分がスピンアウトしたら会社が回らない。ってこと。
もし歯車が逆に回ると会社そのものが逆に回って大変なことになるんですよ。
私たちなんぞは、お客様の歯車になりたくてなりたくて一生懸命がんばってるんですから。
posted by DEN100Z at 19:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。