2008年01月11日

立派に更生しました・・?

みなさん あけましておめでとうございます。
昨年同様本年も宜しくお願いいたします。
めずらしく?年末年始は緊急対応の要請もなく穏やかに過ごさせて頂きました。
ありがたや〜。

NEZUMI.jpgねずみ男です。ねずみ年ですから・・
年末の空手道場の忘年会での出し物「ゲゲゲの鬼太郎」での写真です。
出っ歯は未装着です。

昨日までは毎日呑んだくれていましたが、さあ、今日から忙しくなります。
仕事待ってはくれません。あれもこれも同時進行で進めなければならない案件もあるし、
一気にトップギヤです。仕事があるのはありがたいことです。みなさんがんばりましょう。

・・って明日から三連休!!!・・・では前回の続きです。

立派に更生しました・・?

正社員になってもお客様の担当をあてがえられることはなく、当時専務が担当していた
お客様のサブ担当と、新規開拓ばかりをしていました。
せっかく苦労して新規開拓しても、これがなかなか継注にならない・・
特に、新規のお客様は、担当が変わると自然消滅することが多いですね。
個人商店的な営業ではいけないと気づかせていただいた貴重な経験です。

その後、システムGr.という名前で機械セットメーカさま向けの量産装置の制御盤製作を
主にしたグループを作りリーダの座に収まりましたが、しばらくの間は部下は女性一人でした。
営業・設計・見積・生産技術・検査・接待に至るまで自分一人・・・あとは外注さんが頼りでした。
でもいい外注に恵まれてほんとに良かった。
外注さんを大事にしなければならないと思うのはこのころ染込んだものだと思います。

リーダ時代の上司は弊社の元お客様でしたので、買う立場での目線で指導いただきました。
この方は大学時代、空手で全国大会に出場経験のある方で、ミスをするとげんこつが
とんできました。コワカッタデス・・呑みに行った時などに、お酒の勢いを借りて
「社会人なんだから、社内で暴力はよくない。」なんて話をすると・・
「お前は社員と違うやろ、どついても会社やめられへんやろ」なんて
無茶苦茶な理論で丸め込まれてましたねぇ・・。
ミスをして一番怒られたのはクレーム発生時にお客様への初動対応が遅れた時でした。
何をおいても、まずはお客様に出向き、お客様の意向を確認し、それから原因調査を
行なうこと。これは、お客様の立場に立てば当然のことなんですが、人間どうしても
まっ先に責任元の追求に走ってしまう・・・魔女狩りのように・・・注意せねばなりません。
お客様目線で考え行動し判断すること。これも大事なことです。

ざっと職歴をまとめると・・・

20歳代前半 : メーカでの研修
20歳代後半 : 配送アルバイト
30歳代前半 : 営業職(機器の販売。新規開拓)
30歳代後半 : 営業リーダ(新規分野)
40歳〜    : 現在に至る

社長のドラ息子にしては結構ストイックな生活でしたね。
また、一通りの下積みからの経験をさせていただきました。

・・・で、どうなん?・・・と、聞かれると・・・なんともはや・・・
ま、そんなに悪いやつには見えません。

取引先に、高校時代の同級生がいるのですが、
彼曰く、・・

「おまえ、立派に更正したなあぁ・・」

だ、そうです。
posted by DEN100Z at 08:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。