2008年02月01日

集中力のつづき

今日も集中力トレーニングしましょう。
文字列の中で「F」はいくつあるでしょうか? ディスプレイ上を目で追うだけで数えてください。

集中力1.gif


朝、立っている人、立っていない人  (集中力のつづき)


集中して能率よく仕事を進めるには、その日の自分の工程を把握していなければなりません。
課題に対し、いつまでに何をする。という目標が自分の中にイメージとしてなければ仕事に集中できません。

そのためには、長期・短期にかかわらず予定をたてる必要があります。
※短期的なものなら、「よし、今から何時までにこの見積書を作成するぞ」とか、
※中期的なものなら、「今週中にこのシステム提案書をまとめる」とか、
※長期的なものなら、「今年中にはこの資格をとるぞ」とか
自分の課題に対して、具体的な目標を立てます。

達成のコツは、その成功(達成)をイメージし、それを現実に近づける努力をすること
予定通り進めば達成感が得られ、次のステージへのモチベーションになります。
予定通り進まなければ、そこに新たな課題が生まれ、次へのテーマアップが出来ます。

F1ドライバーがスタート前に目を閉じてコースのライン取りをイメージしたり、
陸上選手が競技前に自分の成功のイメージを思い描きながら瞑想している姿を見ますよね。
これと同じです。

予定もなく、終わりも見えない仕事には、達成感もありませんし、疲労だけが残ります。
そこには成長も期待できません。
特にJOBが重なった時などに、これが出来なければ、仕事に優先順位をつけることもできず、
何から手をつけてよいかわからなくなり、思考停止状態になってしまうことになります。

集中して効率よく仕事をするためには・・・
まず、朝、出社した時にその日の自分の行動がイメージできるかどうかが大事です。
ここで予定が立っている人と、たっていない人では、能力に大きな差が生まれてしまいます。

本日、オチ無し!!!  んん・・なにか?・・・
posted by DEN100Z at 20:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。